印刷機

お試し印刷で仕上がり確認

広告

チラシなどの広告を制作する際には印刷会社に依頼することが一般的ですが、最近ではお試し印刷ができる印刷会社が登場してきています。
広告を制作する際にはデザインを考え、それらを忠実に再現したチラシを制作することになります。しかしチラシを作成してみるとイメージとは相違していたりして、思った通りのチラシを制作することができないことがあります。こうなってしまうと印刷を依頼した際の費用は無駄になってしまいますし、広告をまた新たに作り直さなくてはいけなくなります。ですので印刷会社によってはお試し印刷を提供し、お客様が満足できる広告を印刷することができるように対応をしています。お試しにチラシを作成できれば実際に完成した際の質感やデザインなどを細かくチェックすることができますし、気に入らない部分があれば改良を施してチラシのクオリティをより向上させることができるようになります。
チラシを制作する際はお試し印刷を利用し、会社のイメージに合ったデザインの広告を制作できるようにしましょう。

会社でチラシ制作を依頼する際は納品書や請求書といった書類を作成してもらうことも大切です。
主にどういったチラシにどれくらいの費用がかかったのかを確認し、注文した数のチラシがきちんと納品されているかを確認するのに納品書と請求書はとても重要です。作成されたチラシと共に請求書と納品書が送られてくることが多いですが、一部の企業では印刷会社のサイトから納品書や請求書をダウンロードする必要があります。そのため依頼した際は納品書や請求書を必ずとるようにし、印刷会社とトラブルなどを起こさないようにしましょう。また請求書や納品書を見てわからない部分があったり気になる点がある場合は、印刷会社に連絡をとってみるようにしましょう。
予算内にきちんと収まった価格でチラシを製作できたのかを確認したり、予定した数と同じチラシを製作できたのかを確認するのに請求書と納品書は必ず受理するようにしましょう。